株式会社ダブルウェイブ|学校の見守り・メンテナンス|東京都豊島区

学校を定期的に訪問して建物全体をみまもり、清掃・補修・建設等に加え、学校本来の『教育』をハード面から整備・サポートします。

ホーム ≫ 幼稚園・保育園特集 ≫

幼稚園・保育園向けサービス事例

 

kids-1
 株式会社ダブルウェイブでは、園児様の健康と安全をハード面から実現するために、
幼稚園・保育園さまの状況に寄り添い様々な課題解決をご提案しております。
ここではこれまで手掛けた案件の一部をご紹介致します。

【事例1】冬だからこそ必要なコロナ対策を行いたい!

 大切なお子様をお預かりする園としては、新型コロナウイルス感染症対策は喫緊の課題です。基本的には「三密(密閉・密集・密接)」を避けることが重要ですが、特に園の施設管理としてできることは、こまめな消毒作業、飛沫防止対策、換気の徹底です。
 ただ、換気については、冬季の寒い時期には窓やドアを開けることが難しくなってきます。そうなると、エアコンで屋内の温度、湿度、気流をコントロールしているはずです。エアコンはただ単に運転をしているだけでは教室内の空気を循環させてウイルスを拡散させてしまいます。

 その園では、感染症対策を踏まえて、空調設備機器を一新したいと考えていましたが、予算が少なく大規模な工事は難しい状況にあり、効果的な換気対策がないか模索していました。また、何か見える形で、保護者や来客者の方々に感染症対策を行っているというアピールもしたいというご要望もありました。
 
 そこで、私どもは、空調施設を取り換えず、既存のエアコン・空調機に装着するだけでウイルスをキャッチして無害化する「AT254フィルター」を使用した感染防止対策をご提案しました。また、ただフィルターをつけていただくのではなく、5年計画でエアコン洗浄のコストが削減できるプランを作成することで、感染症対策と施設管理コストの軽減にもつながりました。また、エアコンの吹き出し口周辺に『高性能フィルター装着』を表示し、一般のエアコンとは違うことを、来園者にPRできるようにしました。
 

AT254フィルター特集ページはこちら。

【事例2】避難用滑り台を取り替えたい!

 幼稚園・保育園の古い避難用滑り台は、コンクリート製の場合が多いです。そのお客様の園においても、長年の雨等の影響により、すべり底面がデコボコになってしまっていて、万一の避難時にお尻に怪我をしてしまう可能性がありました。お客様は、本来であればステンレス製の滑り台に取り替えたいとお考えでしたが、予算がない状態でした。また、工事による園運営への影響を最低限に抑えたいということで、作業工期は2~3日程度で終わらせたいというご要望でした。今のようないつどんな災害に見舞われるかわからない状況においては、早急な対応が必要だといえます。
 
 そこで私どもは、「避難時に園児様が怪我をしない」という最低限の機能回復を考え、新しい滑り台の設置ではなく、現在の滑り台の補修で対応することをご提案いたしました。すべり底面を補修研磨し、塗装皮膜を再生することでコストを抑え、また休園時に施行を終わらせることで園運営にも影響がないようにしました。

【事例3】鉄柵を取り替えたい!

 そのお客様の園では屋上に設置されている落下防止柵が長年の雨風の影響により、鉄部に穴が開き、柵を支える支柱が錆びており、このまま放置すれば倒れる可能性がありました。本来であれば柵を交換したいところですが、予算が十分ではない状態でした。
園児様の安全に直結する大事な柵ですので、早めの対応が必要でした。
 
 そこで私どもは、予算を抑えるため、柵の交換ではなく補強と塗装によって、最低限の機能を回復することをご提案致しました。鉄部をアングルで溶接補強して、普通工程による塗装工事(ケレン・錆止め・上塗り)により、しばらくは安全に運用できるような修繕を行いました。

〔施設のことでお悩みのお客様へ〕

・工事・補修等は、機能回復を考慮した修理をお勧め致します。
・感染症対策・換気対策は、AT254フィルターをお勧め致します。

お問い合わせはこちら

株式会社ダブルウェイブ

〒170-0011
東京都豊島区
池袋本町2-33-16

定休日:不定休

お問い合わせ

モバイルサイト

株式会社ダブルウェイブスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら